レビュー

【レビュー】小さめサイズの命名書

こんにちは。つるさんちのママ、みるです。

ご縁があって「小さめサイズの命名書」を書いていただきましたので、レビューをさせていただきます。

出産を控えられているママさんや、私のように命名書なしで子育てしてきているママさんに、おすすめしたいです!

「小さめサイズの命名書」とは

東京立川で書道教室「書香」を開いている高梨先生直筆の命名書です。

  1. 小色紙182mm × 212mm
  2. プロの書に豪華な金墨汁とばし
  3. 温もりあふれる手書きの命名書

マンションでもしっくりくるコンパクトサイズの命名書。和室にはもちろん、洋室にも合わせやすい横書きとなっています。シンプルな命名書ですが、金の墨汁が豪華さを醸し出してくれます。

実際に飾ってみて

しっかりと梱包されて届きました。先生からの手書きのメッセージもついており、心が温まり嬉しかったです。

サイズ感は「小さめ」というだけあり手のひらサイズ大。コンパクトな色紙ですね。

サイズは小さめですが、しっかりと厚みのある色紙なので飾っても立体感が出ます。(我が家では、額に入れずに届いた時のビニール包装のまま飾っています)

娘の名出しNGなので、モザイクで分かりづらく申し訳ないのですが、しっかりと先生の直筆でした。生年月日部分でお分かりいただけると思います。

ただ、この画像見本にある「葵」「大翔」の字をみて、割としっかり墨をつけて一画一画ゆっくり丁寧にかかれている正統派な文字の印象を受けましたが、実際にはササっと続けて書かれたような結構かすれた字で届きました。

文字の一部を拡大したものです。結構かすれていて、ちょっと思っていたのと違って残念だったかな‥

かすれている部分は、二画の「ン」なのですが、一筆で「2」のように繋がっています。見本の写真とは違う印象を受けました。

きっとプロの先生の書き方であり、書道のプロの字なのでとてもお上手なんだろうと思うのですが、一画一画ゆっくりと墨をつけながら書かれた見本写真のような文字を望まれている方は、少し思っていたものと違う印象を受けられるかもしれません。

金墨汁飛ばしは、なかなか自分ではできないので素敵ですね。高級感が出ますし、色紙の縁との統一感もあります。

我が家では、このように和室(現在はベビースペース)の壁に貼っています。娘のニューボーンフォトパネルの上に貼りました。

この写真はモザイクのタイプを変えたので、少し雰囲気は伝わるかな?少し右斜め下になった横書き名前の右上にふりがな、下に生年月日、右下に角印が押されています。金墨汁は1文字目がメインでした。

 

シンプルでインテリアの邪魔をせず、コンパクトで存在感もあり過ぎない控えめな小さめサイズの命名書。とても飾りやすいです。

全体的に部屋の壁を写すと、これくらい小さくさりげない感じになります。(左から2つ目のパネル上です)小部屋や玄関などにも設置しやすいサイズ感ですね。

ぜひ一度、お試しになってみてくださいね。

 

ABOUT ME
みる
みる
初めての子育てを楽しみながら、三重で家族なかよく暮らしています。ここには子育てや暮らしの記録などを気ままに綴っています。